おすすめの日本酒

日本酒おつまみお取り寄せランキングベスト10!

更新日:





日本酒は米が原料として使われていることから、刺身や焼き魚、干物や漬物など、やはり和食のおつまみの方がよく合います。

また、日本酒は熱燗しても、冷やしても飲める世界では珍しいお酒で、その幅広い飲み方に特徴があります。さらに日本酒は、原料と製造方法によって種類も異なってくるため、日本酒の種類によっておつまみを変えられる楽しさがあることも特徴でしょう。
今回は日本酒に合う全国のお取り寄せ商品をランキングでご紹介します。

ぜひ、参考にしてみてください。

お酒のつまみといえば「ツナ缶」

こだわり食品専門のモンマルシェオーシャンプリンセスツナは、ツナ缶原料として最高級の日本で水揚げされたびん長まぐろを使用。
更に一本釣りまぐろを使用している為、脂のりの最高です。
イタリア料理で最高級のエキストラバージンオリーブオイルと高級料亭で使用される綿実油の2種類を用意されています。
お中元、お歳暮のギフトに!
自分のお酒のつまみに食べてみてもらいたい1品です!

↓↓こだわり食品専門「モンマルシェ」はこちら ↓↓


スポンサードリンク

日本酒おつまみお取り寄せベスト10

第10位 子持ちこんにゃく

190g(税込)396円」(フジトシ食品)

ししゃもの卵をふんだんに使用したこんにゃくで、広島県湯来特産の代表的なこんにゃくとして、この「子持ちこんにゃく」は知られています。こんにゃくの弾力感と、ししゃものプチプチ感がよく合い、老若男女に支持される食品で、お取り寄せ商品としても人気があります。
揚げ物や天ぷら、たこ焼きの具としてもおすすめですが、日本酒のおつまみとしては「刺身」としてお召し上がりになることをおすすめします。刺身の場合は、よく冷やした後、5~6ミリの厚さに切るのがおいしく食べるポイントです。

第9位 モッツァレラチーズのだし溜まり漬け

100g(税込)605円」(牧成舎)

こちらの「モッツァレラチーズのだし溜まり漬け」は、「ご当地チーズグランプリ最高金賞」を受賞した逸品だけに、味には定評があります。
モッツァレラチーズをだし溜まり醤油に漬け込むことで、トロリとした独特の食感となり、多くのファンから「クセになる」と称されています。チーズのおつまみはワインが一般的ですが、こちらのおつまみは日本酒に合う新しい感覚のチーズであり、おすすめです。

第8位 赤ホヤ塩辛

200g(税込)1400円(グルメのヤマオカ)

礼文島で獲れた赤ホヤを塩辛にした逸品です。ホヤ貝というとクセが強く、その独特の臭みや苦味がどうも苦手という方も多いようですが、この赤ホヤの塩辛はそうしたクセが少なく、コリコリとした食感がなんともやみつきになります。
こちらは日本酒のおつまみとしておすすめですが、あつあつのご飯との相性も抜群です。

第7位 東坡煮

(5個入り)(税込)2,332円 坂本屋

東坡煮は、長崎県の卓袱料理の代表的一品として知られていますが、一般的には豚の角煮のことを指します。この東坡煮を製造販売している坂本屋は創業明治27年の老舗料亭で、長年多くの長崎市民に愛されています。坂本屋の東坡煮は、厳選された皮つきの3枚バラ肉を使用していて、時間や手間をかけてじっくり煮込まれており、その照りとコクは日本酒にもよく合うので大変おすすめです。

第6位ゆずの香り

135g(税込)475円(京つけもの西利)

京つけもの西利は千枚漬けで全国的にも有名ですが、この「ゆずの香り」も多くのファンを持つ絶品おつまみです。季節の大根を拍子切りにして、ゆずを絞り漬け込んであります。食べた瞬間、ゆずの香りが爽快に口の中に広がるのが特徴で、思わずお酒も進んでしまいます。

スポンサードリンク

第5位 松坂牛納豆

200g(税込)1,350円(たぬみせ納豆工房)

多くのメディアでも取り上げられているおつまみで、納豆と松坂牛がコラボしています。すき焼き風に味付けされた松坂牛のつくだ煮と、粒が大きめの特殊な納豆である「赤豆納豆」が、それぞれの味をうまく引き立たせています。
この松坂牛納豆は、日本酒のおつまみの他、ご飯やお茶漬けのお伴として、また、おにぎりなどの具としても使えるので、幅広い人におすすめです。

第4位木樽仕込みいか塩辛

130g(税込)600円(函館小田島水産)

この塩辛は、秋田産の杉で作られた木樽で漬けられており、塩辛が熟成されてまろやかな味となっていることが人気の理由です。函館沖で水揚げされたするめいかを肝といっしょに木樽に漬け込み、その深みのある味わいは日本酒のおつまみとして大変おすすめです。

第3位ケジャン

800g(税込)3,000円(築地・丸北商会)

有名テレビ番組でも紹介されたヤンニョンケジャンです。
ワタリガニを甘辛いヤンニョンジャンで漬け込んでおり、ワタリガニの甘みを際立たせている絶品です。カニの身はとろとろプリプリとしていますが、甘辛いタレがたっぷりと付いているため、おつまみとしてはもちろん、ご飯のお伴としても相性抜群なのでおすすめです。

第2位 ほたるいか沖漬け

220g(税込)1,080円(川村水産)

醤油とみりんを加えて深層水で仕込んだ獲れたてのほたるいかを塩辛にしたもので、日本酒と大変よく合う逸品です。そのままお召し上がりになってもおいしくいただけますが、大根おろしといっしょにお召し上がりになると、さらにおいしくなります。なお、このほたるいか沖漬けは、モンドセレクション3年連続金賞受賞している実力派です。

第1位 きんぴらまぐろ

140g(税込)1,080円(下鴨茶寮)

このきんぴらまぐろは、まぐろと、さきがき牛蒡をじっくりと煮込んだ絶品で、1856年創業の老舗懐石料理店である「下鴨茶寮」が製造販売しています。
ふっくらとしたまぐろと、しゃきっとした牛蒡の歯ごたえが何ともいえず、お子様からお年寄りまで幅広く人気があります。
日本酒の肴として、おにぎりの具としてもおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
全国には日本酒にあうお取り寄せおつまみがたくさんあります。自分やご家族のご褒美として、親戚友人のプレゼントとして、ぜひ利用されてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク




おすすめ記事

1

最近は、日本酒離れと言われていて、若い人が日本酒を飲まなくなったと言われています。 しかし、日本はやはり米を食べる食生活で、美味しいお米どころはたくさんあります。お米の嫌いな人はいないと思うし、きっと ...

2

お中元やお歳暮・お世話になった上司の方へのご挨拶に、日本酒を送ってみませんか。 仕事帰りに赤提灯の灯った居酒屋へ通うのが大好きな上司なら、あなたが選んだ日本酒をとても喜んでくれるはずです。 けれども相 ...

3

日本酒は米が原料として使われていることから、刺身や焼き魚、干物や漬物など、やはり和食のおつまみの方がよく合います。 また、日本酒は熱燗しても、冷やしても飲める世界では珍しいお酒で、その幅広い飲み方に特 ...

4

日本酒は日本の伝統的なアルコール飲料で原料はお米とお水と酵母、それと醸造用アルコールです。 製法はお米と酵母とお米で作った米麹とお水を加えアルコール発酵させるという方法で、焼酎などの蒸留酒に対し醸造酒 ...

-おすすめの日本酒
-,

Copyright© 日本酒関連の資格まとめ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.