おすすめの日本酒

飲む美容液?日本酒の効能がスゴイ!

更新日:




スーパーやコンビニで気軽に購入できる日本酒。

日本生まれのお酒です。酒は百薬の長といわれますが、実際に日本酒の効能についてキチンと語れる人は少ないもの。

健康、美肌や美ボディに嬉しい秘密をご紹介します。

スポンサードリンク

日本酒の嬉しい効能

日本酒にはバラエティ豊かな効能があります。

冷え症が改善される

日本酒にはアデノシンが含まれています。アデノシンには収縮した血液をひろげ、流れをスムーズに改善する作用があります。

つまった血管が流れやすくなるため、血のめぐりが良くなります。手足の冷えが緩和され、体全体がポカポカ温まります。冷え症に悩む女性におすすめです。

ダイエット

日本酒にはプロリンやアルギニンなど、体に必要なアミノ酸が含まれています。これらアミノ酸には、脂肪を分解してくれる酵素の働きをサポートする機能があります。

体内にたまった脂肪が効率よく分解され燃やされるため、放っておいても痩せやすい体へ。たくさん食べても太りにくいスリムボディをキープできます。

美肌

日本酒は発酵する過程で、麹酸が生まれます。麹酸はキレイな肌に欠かせない美白物質です。麹酸にはメラニンの働きを防御する働きがあり、美肌の天敵・シミやソバカスを未然に防いでくれます。

紫外線を浴びてもシミやシワができにくい、強い肌にいざなってくれます。

保湿

日本酒には硬くなった肌を、柔らかく整えるフルーツ酸が豊富に含まれています。フルーツ酸は果物にたっぷり含まれる物質のこと。

凹凸のある肌を滑らかに整えみずみずしさをキープしてくれるため、天使のような赤ちゃん肌になれます。乾燥が気になる季節に手足のガサガサに悩む方には、特におすすめです。

リラックス

日本酒を飲むと、ほろ酔い加減でイイ気持ちになります。これは日本酒が血管を拡張させ、体のすみずみの血液の循環が格段に良くなることから引き起こされています。

不快な感情が一時的に消え、ハッピーフェロモンがアップするため満たされた気持ちになれます。憂うつな気持ちがオフされ楽観的になれるため、日々を楽しくエンジョイできるようになります。

アンチエイジング

日本酒にはフェルラ酸と呼ばれるポリフェノールが含まれています。フェルラ酸は高い抗酸化力があります。

細胞が老化するのを食い止め、若々しい肌へ導いてくれます。シワを減らしみずみずしい肌へ整える働きもあります。いつまでも若々しく見られたい方は、日本酒を積極的に摂るのがおすすめです。

悪玉コレステロールの減少

悪玉コレステロールが増えると、将来的に脳卒中や心臓病などが起こりやすくなるといわれています。日本酒には悪玉コレステロールを減らす働きがあります。体の機能を正常に整えてくれるため、脳卒中や心臓病にかかりにくい体を維持できます。いつまでも長生きしたい方におすすめです。

スポンサードリンク

日本酒は、他のお酒とどう違うの?

日本酒の効能についておさらいしてきました。ここで気になるのが「日本酒は他のお酒と、どう違うのか」ということ。

私たちのライフスタイルには、日本酒の他にもビールやワイン・焼酎などのバラエティ豊かなアルコールが溢れています。日本酒が他のお酒とどう違うのか、チェックしていきましょう。

お米からつくった「日本酒」

日本酒はお米からつくったアルコール飲料です。ビールは小麦から、赤ワインは赤ブドウから作られるように、作られる原料が違っています。
また日本酒はお米を蒸し、麹をミックスさせて作っています。麹には豊富な栄養素が含まれています。一説によると体にイイといわれるアミノ酸の数は、赤ワインの10倍ほど。豊富な栄養素やアミノ酸を含んでいるため、美肌・ダイエット・便秘予防・アンチエイジングに効果を発揮してくれます。

日本に古くからあるお酒には、ミラクルな栄養効果があったのです。

日本酒、どのくらい飲めばいい?

美肌やダイエットに嬉しい日本酒ですが、肝臓へのダメージを考えると「1日あたりの適量」を知っておきたいものです。日本酒の1日あたりの適量は、1合といわれています。

[aside type="warning"]注意

これはあくまでも目安のため、周囲の方と比べてお酒に弱いと感じている方は、これよりも控えめに飲むことがおすすめです。
[/aside]

体に良い飲み物だから…と朝から飲んでいると、日中の仕事や家事に支障をきたすことがあります。

アルコールを飲み車を運転するのは法律で禁止されています。日本酒を飲むのは眠るまえ・夕方以降など、自分なりのルールを決めておきましょう。適量をしっかり守ることで、体に負担をかけずに美味しく栄養素を吸収できます。

まとめ

私たちの身近なドリンク、日本酒。最近では若い人の酒離れが深刻といわれていますが、少しの量を毎日続けていくことで美肌やアンチエイジング・ダイエットなど、体に嬉しい作用を期待することもできます。
全国各地にはそれぞれの地でつくられた、美味しい地酒もあります。ビールやワインも良いけれども、こうしたご当地のお酒に酔いしれるのも、大人ならではの楽しみです。日本酒の嬉しい効能を知って、ハッピーな体を目指してください。

スポンサードリンク





おすすめ記事

1

最近は、日本酒離れと言われていて、若い人が日本酒を飲まなくなったと言われています。 しかし、日本はやはり米を食べる食生活で、美味しいお米どころはたくさんあります。お米の嫌いな人はいないと思うし、きっと ...

2

お中元やお歳暮・お世話になった上司の方へのご挨拶に、日本酒を送ってみませんか。 仕事帰りに赤提灯の灯った居酒屋へ通うのが大好きな上司なら、あなたが選んだ日本酒をとても喜んでくれるはずです。 けれども相 ...

3

日本酒は米が原料として使われていることから、刺身や焼き魚、干物や漬物など、やはり和食のおつまみの方がよく合います。 また、日本酒は熱燗しても、冷やしても飲める世界では珍しいお酒で、その幅広い飲み方に特 ...

4

日本酒は日本の伝統的なアルコール飲料で原料はお米とお水と酵母、それと醸造用アルコールです。 製法はお米と酵母とお米で作った米麹とお水を加えアルコール発酵させるという方法で、焼酎などの蒸留酒に対し醸造酒 ...

-おすすめの日本酒
-, ,

Copyright© 日本酒関連の資格まとめ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.