おすすめの日本酒 日本酒について

【真心を贈りたい】結婚祝いプレゼントにおすすめの日本酒は?

更新日:




職場の同僚や親せき・お友達の結婚祝いを贈るとき、どのような品物を選ぼうか困ってしまうことがあります。

小粋なシャレが分かる大人世代に受けているのが、日本酒のギフト。最高の日をお祝いする、おすすめ日本酒をピックアップしてみました。

スポンサードリンク

結婚祝いで日本酒をプレゼント時期や選ぶポイントとは?

結婚祝いにおすすめの時期

日本酒ギフトを贈りたいとき「いつ贈れば良いのか」疑問に感じることもあります。

結婚祝いは通常「結婚式を開催するまえ」に贈るのが大切です。とはいえ、結婚式の前日や前々日などお相手が式の準備で忙しいときに贈り物をするのは、相手の都合を考えるとタブー。新居に引っ越しするタイミングもあるため、さり気なく事前に「相手のスケジュール」を聞いておくとスムーズです。

結婚式や新居への引っ越しで慌ただしくないタイミングを狙い、プレゼントを贈りましょう。飲み会の席で直接手渡しするのもアリですが、日本酒のように重さが気になるモノは相手の負担になってしまうことも…。持って帰る手間を考えると、ご自宅に郵送しておくのも選択肢のひとつです。

結婚祝い、日本酒を選ぶポイント

恥ずかしくない値段の日本酒

結婚祝いのための日本酒は、相手がたとえ金額を知っても恥ずかしくない、それ相当のプライスのものを選んでおくと角が立ちません。お相手と自分の関係によって金額の幅は異なるものの、友達や同期なら1万円から2万円の日本酒・ご親戚ならややランクが上の2万円から3万円の日本酒を贈りましょう。

現金を添えて日本酒を贈りたいときは、相手の負担を考えて5千円から1万円程度のプチプライスのアイテムを選んでも、失礼には当たりません。臨機応変に対応する、温かな気持ちも大切です。

華やかなもの

金箔が入っているもの、桐の木箱に入れられたものなど、ややゴージャスな日本酒は結婚祝いのギフトにおすすめです。コンビニやスーパーで大量に売っている商品よりも「普段お目にかかれない日本酒」を贈り物として選んであげるとプレミア感が増し、お相手の方もとても喜ばれると思います。

スポンサードリンク

晴れの門出を祝う、おすすめの日本酒4選

獺祭(旭酒造)

お祝いの席にふさわしい日本酒が、いまや全国的に名前が知られるようになった獺祭。キレのある爽やかな飲み口のお酒のため、日本酒ビギナーの方にも愛されています。獺祭には様々な種類がありますが、お祝いの席にチョイスしたいのは「木箱入り」のタイプ。

木箱に入った獺祭は高級感があり贈り物に相応しい雰囲気を提供してくれます。価格は1本1万円前後。会社の同期やお知り合いのギフトとして最適です。

アラン・デュカスセレクション(中村酒造)

まるでスパークリングワインのような涼やかなボトルに包まれたアラン・デュカスセレクション。ひと口含むと今まで感じたことのないようなフレッシュな香りが脳を刺激します。

神子原米と呼ばれるブランド米を使用した、女神のような純米酒です。歴史のある蔵元と三ツ星レストランのシェフが、タッグを組んで開発した稀に見る日本酒です。オシャレなパッケージは魅せるお酒といった装い。都会的で知性あふれる日本酒のため、ファッションにうるさいお友達や同僚へのお祝いに最適です。価格は1本1万円弱。それ相当のプライスのため、どんなシーンにも賢く使えます。

大吟醸・越の誉(原酒造)

桐箱に入った著名なお酒が欲しいのなら、大吟醸・越の誉がねらい目です。寒さが一段と厳しくなる冬の季節に氷温熟成され丁寧に造られたこちらのお酒は、ツウも認める美味しい日本酒です。

洋ナシやレモンのようなフレッシュな香りがただよう、稀に見るフルーティなお酒です。越の誉では「こしかぐら」というブランド米が使われています。「こしかぐら」は濃厚な旨みがつまったプレミアムなお米。すっきりとした日本酒をつくる、大切なキーアイテムとなっています。
筆で描かれた達筆が目を惹くクラシックなボトルは、価値のわかる大切な方への贈り物としてふさわしい趣です。目上のご親戚の方や、仲の良いご友人のギフトに最適です。

十四代(高木酒造)

日本酒といえば、十四代。居酒屋で常連さんも多いのが、超がつくほどプレミアムな十四代。値段はびっくりするくらい桁違いなものですが、期待を裏切らない良質な飲み口が特徴です。

舌の上で転がすようにその余韻を味わうと、何ともいえない贅沢な香りが漂います。化粧箱に入ってお届けされるため、結婚祝いとしてもおすすめです。1本安いもので2万円からの価格が付く十四代は、お世話になっている方へのお祝いにぴったりです。しっかりとした旨みがたっぷり詰まっている濃厚なお酒のため30代以降の大人世代に、とても喜ばれている日本酒です。

まとめ

結婚祝いに贈りたい、幻の日本酒をお届けしました。一生に一度あるかないかの晴れの舞台にエールを贈ってくれるのが、歴史深いリッチな日本酒です。大切なアイテムを選んでおくと、相手との関係もさらに良質になります。

スポンサードリンク





おすすめ記事

1

最近は、日本酒離れと言われていて、若い人が日本酒を飲まなくなったと言われています。 しかし、日本はやはり米を食べる食生活で、美味しいお米どころはたくさんあります。お米の嫌いな人はいないと思うし、きっと ...

2

お中元やお歳暮・お世話になった上司の方へのご挨拶に、日本酒を送ってみませんか。 仕事帰りに赤提灯の灯った居酒屋へ通うのが大好きな上司なら、あなたが選んだ日本酒をとても喜んでくれるはずです。 けれども相 ...

3

日本酒は米が原料として使われていることから、刺身や焼き魚、干物や漬物など、やはり和食のおつまみの方がよく合います。 また、日本酒は熱燗しても、冷やしても飲める世界では珍しいお酒で、その幅広い飲み方に特 ...

4

日本酒は日本の伝統的なアルコール飲料で原料はお米とお水と酵母、それと醸造用アルコールです。 製法はお米と酵母とお米で作った米麹とお水を加えアルコール発酵させるという方法で、焼酎などの蒸留酒に対し醸造酒 ...

-おすすめの日本酒, 日本酒について
-, ,

Copyright© 日本酒関連の資格まとめ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.